時刻合わせ

時刻合わせの際に、状況によって調整が必要な設定項目があります。
時刻合わせでお困りのときは、修理やお問合せの前にこちらでご案内する時計の操作を試していただくことをおすすめします。

時計の『操作説明No.』をご確認いただき、ご利用ください

操作ガイド
お手持ちの時計の『操作説明No.』が下記リストに該当するかご確認の上ご利用ください。
※『操作説明No.』は腕時計の裏面(裏ふた)に記載されている4桁(または3桁)の数字です。 中心部または外周部の四角で囲った数字をご確認ください。

上記以外の機種につきましては、取扱説明書にてご確認をお願い致します。
※取扱説明書をご確認いただく際は、下記の【時刻合わせのポイント】に沿って操作をお試しください。

時刻合わせのポイント

電波受信機能のあるアナログのみの時計

アナログ電波
  1. 取扱説明書にある「針/日付の基準位置合わせ」の項目の操作をお試しください。
    (説明書によって目次の記載が「針のずれを補正する」「針や日付のずれ補正」等の場合があります)

  2. 上記操作を確認後、まだ時刻がずれている場合は、説明書の「手動受信」の操作をお試しください。
    (説明書によって目次の記載が「電波を受信するには」「電波の受信方法」等の場合があります)
    受信が成功すると、時刻が正しく修正されます。

    「手動受信」を行わなかった場合でも時計は主に深夜に自動的に電波受信を行なうため、時計のガラス面を上にして窓際などに置いておくと、受信が成功し翌朝には時刻が正しく修正されます。
    (1の操作確認後に受信が成功すると、時刻が正しく修正されます)

電波受信機能のあるデジタルのみの時計

デジタル電波

取扱説明書にある「手動受信」の項目の操作をお試しください。
(説明書によって目次の記載が「電波を受信するには」等の場合があります)
受信が成功すると、時刻が正しく修正されます。

「手動受信」を行わなかった場合でも時計は主に深夜に自動的に電波受信を行なうため、時計のガラス面を上にして窓際などに置いておくと、受信が成功し翌朝には時刻が正しく修正されます。
(受信が成功すると、時刻が正しく修正されます)

電波受信機能のあるデジタルとアナログ両方で時刻表示が可能な時計

コンビ電波
  1. 取扱説明書にある「針/日付の基準位置合わせ」の項目の操作をお試しください。
    (説明書によって目次の記載が「アナログ部(針)の合わせ方」「針のずれを補正する」「針や日付のずれ補正」等の場合があります)

  2. 上記操作を確認後、まだ時刻がずれている場合は、説明書の「手動受信」の操作をお試しください。
    (説明書によって目次の記載が「電波を受信するには」「電波の受信方法」等の場合があります)
    受信が成功すると、時刻が正しく修正されます。

    「手動受信」を行わなかった場合でも時計は主に深夜に自動的に電波受信を行なうため、時計のガラス面を上にして窓際などに置いておくと、受信が成功し翌朝には時刻が正しく修正されます。
    (1の操作確認後に受信が成功すると、時刻が正しく修正されます)

アナログのみの時計

アナログ

取扱説明書にある「時刻を合わせる」の項目の操作をお試しください。
(説明書によって目次の記載が「時刻·カレンダーの合わせ方」等の場合があります)

デジタルのみの時計

デジタル

取扱説明書にある「時刻·日付の合わせ方」の項目の操作をお試しください。
(説明書によって目次の記載が「ホームタイムデータ(時刻·カレンダー)の合わせ方」「時刻を合わせる」等の場合もあります)

デジタルとアナログ両方で時刻表示が可能な時計

コンビ
  1. 取扱説明書にある「時刻·日付の合わせ方」の項目の操作をお試しください。
    (説明書によって目次の記載が「ホームタイムデータ(時刻·カレンダー)の合わせ方」「時刻を合わせる」等の場合もあります)

  2. 上記操作後、デジタルとアナログの時刻がずれている場合は、「アナログ針の調整」の項目の操作もあわせてお試しください。
    (説明書によって目次の記載が「針の位置補正」等の場合があります)