タキメーターについて

Q1
タキメーターの使い方を知りたい
A1
タキメーターの使い方
タキメーターとは、1kmの距離を走行した時のタイム(60秒以内)を計測することにより、おおよその平均時速を簡単に知ることができる機能です。
 

 
1. ストップウオッチの計測をスタートさせます。
2. 1km走行したときにストップウオッチを止めます。秒針が指している外周部の数字がそのときの平均時速です。
例として、1km走行するのに30秒かかったときは秒針が120を示しますので、平均時速は約120km/hということになります。

外周のタキメーターの目盛りは1kmを走行した場合の平均時速となります。2kmを走行した場合の平均時速は目盛りの数字の2倍になります。また500m(0.5km)を走行した場合の平均時速は目盛りの数字の2分の1になります。

アンケートへのご協力をお願いします。

送信