時計の時刻合わせ

時計の時刻合わせを始めます

時計を時刻モードにします

左下のボタンを2秒以上押して、時刻モードにします。

ボタンを押し続けても、確認音が「ピピッ」と2回鳴らない場合は、ボタンが利きにくくなっている可能性がありますので、強めに押し続けてください。

5174_flow_A_1-1.1

時計の状態を選択してください

針の基準位置を確認します

例) 正しい日時が、2018年6月30日(土)
午後10時10分00秒の場合

5174_flow_E_1-11.2

秒針の基準位置を確認します

1.確認音が「ピッ」と鳴り、秒針が止まるまで、右下のボタンを約3秒間押し続けます。

ボタンを押し続けても、秒針が1秒ごとに動いたままの場合は、ボタンが利きにくくなっている可能性がありますので、強めに押し続けてください。

5174_flow_E_1-1.1

2.秒針が12時位置以外に止まった場合は、右下のボタンを押して合わせます。

ボタンを押すと、秒針が1秒ずつ進みます。

ボタンを押し続けると早送り状態になり、いずれかのボタンを押すと止まります。

5174_flow_E_1-2

時・分針の基準位置を確認します

3.左下のボタンを押して、時・分針、24時間制時針の修正に切り替えます。

時・分針、24時間制時針が自動で動きますので、針が止まるまでお待ちください。

5174_flow_E_1-3

4.時・分針が12時位置以外、24時間制時針が24時位置以外に止まった場合は、右下(進む)または右上(戻る)のボタンを押して、時・分針を12時位置、24時間制時針を24時位置に合わせます。

右下のボタンを押すごとに針が進み、右上のボタンを押すごとに戻ります。

時・分針、24時間制時針は連動して動きます。

ボタンを押し続けると早送り状態になり、いずれかのボタンを押すと止まります。

5174_flow_E_1-4

【針修正のコツ】

早送りの場合、24時間制時針が24時、時・分針が12時に近いところで一旦針を止めてから、小刻みに押して12時位置に針を合わせます。

3時側の2針(24時間制時・分針)の基準位置を確認します

5.左下のボタンを押して、3時側の2針(24時間制時・分針)の修正に切り替えます。

3時側の2針(24時間制時・分針)が自動で動きますので、針が止まるまでお待ちください。

5174_flow_E_1-5

6.3時側の2針(24時間制時・分針)が真上の24時位置以外に止まった場合は、右下(進む)または右上(戻る)のボタンを押して24時位置に合わせます。

5174_flow_E_1-6

【針修正のコツ】

早送りの場合、24時に近いところで一旦針を止めてから、小刻みに押して24時位置に針を合わせます。

9時側の1針(曜日針)の基準位置を確認します

7.左下のボタンを押して、9時側の1針(曜日針)の修正に切り替えます。

9時側の1針(曜日針)が自動で動きますので、針が止まるまでお待ちください。

5174_flow_E_1-7

8.9時側の曜日針が真上の「0(ST)」位置以外に止まった場合は、右下(進む)または右上(戻る)のボタンを押して合わせます。

5174_flow_E_1-8

日付の基準位置を確認します

9.左下のボタンを押して、日付の修正に切り替えます。

日付が自動で動きますので、止まるまでお待ちください。

日付の基準位置は「1」(1日)となります。

5174_flow_E_1-9

10.日付が「1」に合っていない場合は、右下(進む)または右上(戻る)のボタンを押して枠の中心に「1」を合わせます。

右下のボタンを押すごとに日付が少しずつ進み、右上のボタンを押すごとに戻ります。

ボタンを押し続けると早送り状態になり、いずれかのボタンを押すと止まります。

5174_flow_E_1-10

【日付修正のコツ】

早送りの場合、「1」の表示が枠の中心に近いところで一旦日付を止めてから、小刻みに押して枠の中心になるように位置を合わせます。

11.左上のボタンを押して、設定を完了します。

時刻モードに戻り、針が現在の時刻まで移動して動き出します。

5174_flow_E_1-11.1
5174_flow_E_1-11.2

現在の正しい日時になっていますか?

時計の時刻合わせが終わりました

ホームタイム都市の設定が、お使いになる地域(都市)になっているか確認します

1.確認音が「ピピッ」と2回鳴るまで、左上のボタンを約5秒間押し続けます。

ボタンを押し続けて約3秒後に確認音が「ピッ」と1回鳴りますが、「ピピッ」と2回鳴るまで押し続けてください。

5174_flow_B_1-1

ホームタイム都市は28秒位置の「TYO」になっていますか?

サマータイムの設定を確認します

9時側の1針(曜日針)が「STD」を指していますか?

5174_flow_C_1-4

現在の正しい日時になっていますか?

時計の時刻合わせが終わりました

電波受信で時刻とカレンダーを合わせます

手動で電波受信を行ないます

確認音が「ピッ」と鳴るまで、左上のボタンを約2秒間押し続けた後、本機を窓際に置きます。

秒針が電波受信結果を表示後、「READY」(または「R」)位置に移動します。7分ほど、時計を窓際などに置いたままにしてください。

秒針が28秒(TYO)の位置で止まった場合、2秒以上の長押しになった可能性があります。その場合は、左上のボタンを1回押して秒針が1秒ずつ動くのを確認後、上記の操作を繰り返してください。

5174_flow_I_1-1

手動電波受信方法の詳細はこちら

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

受信中は秒針が受信状況を指します。
「WORK」(または「W」):安定した受信
「READY」(または「R」):不安定な受信

5174_flow_I_1-2.2

受信が成功すると、秒針が「YES」(または「Y」)位置に移動し、時刻を修正します。
時刻修正後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗すると、秒針が「NO」(または「N」)位置に移動します。
約5秒後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

5174_flow_I_1-2.3
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

自動電波受信を行ないます

この時計は、定期的に夜間自動で電波受信を行います。夜間、窓際に時計を置いたままにして、電波受信による時刻とカレンダー修正をお試しください。

5174_flow_I_1-2.1

自動電波受信方法の詳細はこちら

時刻モードの時刻が下記の自動受信開始時刻になると、1日最大6回自動的に受信を行ないます。
なお、1日1回受信が成功すれば、それ以降、その日の自動受信は行ないません。

自動受信開始時刻

1

午前12時

2

午前1時

3

午前2時

4

午前3時

5

午前4時

6

午前5時

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

自動受信結果を確認するには、左上のボタンを押します。

受信が成功しているときは秒針が「YES」(または「Y」)(成功)を指し、受信が失敗しているときは「NO」(または「N」)(失敗)を指します。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

約5秒間何も操作を行なわないと、自動的に時刻モードに戻ります。

5174_flow_I_1-2.4
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

1.針の位置が「STD」になるように、右上のボタンを押します。

ボタンを押すごとに「STD」と「DST」が切り替わります。

ホームタイムの時刻を表示するために針が動いている間は、サマータイムの設定を切り替えることはできません。

5174_flow_C_1-1

2.左上のボタンを押して、設定を完了します。

5174_flow_C_1-2
5174_flow_C_1-3

現在の正しい日時になっていますか?

時計の時刻合わせが終わりました

電波受信で時刻とカレンダーを合わせます

手動で電波受信を行ないます

確認音が「ピッ」と鳴るまで、左上のボタンを約2秒間押し続けた後、本機を窓際に置きます。

秒針が電波受信結果を表示後、「READY」(または「R」)位置に移動します。7分ほど、時計を窓際などに置いたままにしてください。

秒針が28秒(TYO)の位置で止まった場合、2秒以上の長押しになった可能性があります。その場合は、左上のボタンを1回押して秒針が1秒ずつ動くのを確認後、上記の操作を繰り返してください。

5174_flow_I_1-1

手動電波受信方法の詳細はこちら

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

受信中は秒針が受信状況を指します。
「WORK」(または「W」):安定した受信
「READY」(または「R」):不安定な受信

5174_flow_I_1-2.2

受信が成功すると、秒針が「YES」(または「Y」)位置に移動し、時刻を修正します。
時刻修正後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗すると、秒針が「NO」(または「N」)位置に移動します。
約5秒後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

5174_flow_I_1-2.3
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

自動電波受信を行ないます

この時計は、定期的に夜間自動で電波受信を行います。夜間、窓際に時計を置いたままにして、電波受信による時刻とカレンダー修正をお試しください。

5174_flow_I_1-2.1

自動電波受信方法の詳細はこちら

時刻モードの時刻が下記の自動受信開始時刻になると、1日最大6回自動的に受信を行ないます。
なお、1日1回受信が成功すれば、それ以降、その日の自動受信は行ないません。

自動受信開始時刻

1

午前12時

2

午前1時

3

午前2時

4

午前3時

5

午前4時

6

午前5時

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

自動受信結果を確認するには、左上のボタンを押します。

受信が成功しているときは秒針が「YES」(または「Y」)(成功)を指し、受信が失敗しているときは「NO」(または「N」)(失敗)を指します。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

約5秒間何も操作を行なわないと、自動的に時刻モードに戻ります。

5174_flow_I_1-2.4
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

例) 「LON」(ロンドン)となっている状態から、「TYO」(東京)に変更します。

5174_flow_B_1-2

2.秒針の位置が「TYO」になるまで、右下のボタンを押します。

ボタンを押すごとに秒針が1都市ずつ進みます。

5174_flow_B_1-3

都市コード一覧表

コード

時差

都市名

UTC

0

〈世界協定時〉

LON

0

ロンドン

PAR

+1

パリ

ATH

+2

アテネ

JED

+3

ジェッダ

THR

+3.5

テヘラン

DXB

+4

ドバイ

KBL

+4.5

カブール

KHI

+5

カラチ

DEL

+5.5

デリー

DAC

+6

ダッカ

RGN

+6.5

ヤンゴン

BKK

+7

バンコク

HKG

+8

香港

TYO

+9

東京

コード

時差

都市名

ADL

+9.5

アデレード

SYD

+10

シドニー

NOU

+11

ヌーメア

WLG

+12

ウェリントン

PPG

-11

パゴパゴ

HNL

-10

ホノルル

ANC

-9

アンカレジ

LAX

-8

ロサンゼルス

DEN

-7

デンバー

CHI

-6

シカゴ

NYC

-5

ニューヨーク

SCL

-4

サンティアゴ

RIO

-3

リオデジャネイロ

FEN

-2

フェルナンド・デ・ノローニャ

RAI

-1

プライア

この表は2010年7月現在作成

工場出荷時、電池交換時にはホームタイム都市は東京(TYO)になっています。

サマータイムの設定を確認します

9時側の1針(曜日針)が「STD」を指していますか?

5174_flow_C_1-4

現在の正しい日時になっていますか?

時計の時刻合わせが終わりました

電波受信で時刻とカレンダーを合わせます

手動で電波受信を行ないます

確認音が「ピッ」と鳴るまで、左上のボタンを約2秒間押し続けた後、本機を窓際に置きます。

秒針が電波受信結果を表示後、「READY」(または「R」)位置に移動します。7分ほど、時計を窓際などに置いたままにしてください。

秒針が28秒(TYO)の位置で止まった場合、2秒以上の長押しになった可能性があります。その場合は、左上のボタンを1回押して秒針が1秒ずつ動くのを確認後、上記の操作を繰り返してください。

5174_flow_I_1-1

手動電波受信方法の詳細はこちら

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

受信中は秒針が受信状況を指します。
「WORK」(または「W」):安定した受信
「READY」(または「R」):不安定な受信

5174_flow_I_1-2.2

受信が成功すると、秒針が「YES」(または「Y」)位置に移動し、時刻を修正します。
時刻修正後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗すると、秒針が「NO」(または「N」)位置に移動します。
約5秒後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

5174_flow_I_1-2.3
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

自動電波受信を行ないます

この時計は、定期的に夜間自動で電波受信を行います。夜間、窓際に時計を置いたままにして、電波受信による時刻とカレンダー修正をお試しください。

5174_flow_I_1-2.1

自動電波受信方法の詳細はこちら

時刻モードの時刻が下記の自動受信開始時刻になると、1日最大6回自動的に受信を行ないます。
なお、1日1回受信が成功すれば、それ以降、その日の自動受信は行ないません。

自動受信開始時刻

1

午前12時

2

午前1時

3

午前2時

4

午前3時

5

午前4時

6

午前5時

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

自動受信結果を確認するには、左上のボタンを押します。

受信が成功しているときは秒針が「YES」(または「Y」)(成功)を指し、受信が失敗しているときは「NO」(または「N」)(失敗)を指します。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

約5秒間何も操作を行なわないと、自動的に時刻モードに戻ります。

5174_flow_I_1-2.4
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

1.針の位置が「STD」になるように、右上のボタンを押します。

ボタンを押すごとに「STD」と「DST」が切り替わります。

ホームタイムの時刻を表示するために針が動いている間は、サマータイムの設定を切り替えることはできません。

5174_flow_C_1-1

2.左上のボタンを押して、設定を完了します。

5174_flow_C_1-2
5174_flow_C_1-3

現在の正しい日時になっていますか?

時計の時刻合わせが終わりました

電波受信で時刻とカレンダーを合わせます

手動で電波受信を行ないます

確認音が「ピッ」と鳴るまで、左上のボタンを約2秒間押し続けた後、本機を窓際に置きます。

秒針が電波受信結果を表示後、「READY」(または「R」)位置に移動します。7分ほど、時計を窓際などに置いたままにしてください。

秒針が28秒(TYO)の位置で止まった場合、2秒以上の長押しになった可能性があります。その場合は、左上のボタンを1回押して秒針が1秒ずつ動くのを確認後、上記の操作を繰り返してください。

5174_flow_I_1-1

手動電波受信方法の詳細はこちら

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

受信中は秒針が受信状況を指します。
「WORK」(または「W」):安定した受信
「READY」(または「R」):不安定な受信

5174_flow_I_1-2.2

受信が成功すると、秒針が「YES」(または「Y」)位置に移動し、時刻を修正します。
時刻修正後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗すると、秒針が「NO」(または「N」)位置に移動します。
約5秒後に時刻モードに戻ります。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

5174_flow_I_1-2.3
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

自動電波受信を行ないます

この時計は、定期的に夜間自動で電波受信を行います。夜間、窓際に時計を置いたままにして、電波受信による時刻とカレンダー修正をお試しください。

5174_flow_I_1-2.1

自動電波受信方法の詳細はこちら

時刻モードの時刻が下記の自動受信開始時刻になると、1日最大6回自動的に受信を行ないます。
なお、1日1回受信が成功すれば、それ以降、その日の自動受信は行ないません。

自動受信開始時刻

1

午前12時

2

午前1時

3

午前2時

4

午前3時

5

午前4時

6

午前5時

本機を腕からはずし、金属をさけて時計上部(12時位置のアンテナ)を外に向けて窓際に置きます。

安定状態がなるべく長く保てる場所で受信してください。受信時間はおよそ2 ~ 7分です。

受信が完了するまで、時計を動かさないでください。

5174_flow_I_1-2.1

自動受信結果を確認するには、左上のボタンを押します。

受信が成功しているときは秒針が「YES」(または「Y」)(成功)を指し、受信が失敗しているときは「NO」(または「N」)(失敗)を指します。

受信が失敗した場合は、場所を変えて再度受信をお試しください。

約5秒間何も操作を行なわないと、自動的に時刻モードに戻ります。

5174_flow_I_1-2.4
5174_flow_C_1-3

時計の時刻合わせが終わりました

二次電池の容量が少なくなっています。本機を充電してください。

5174_flow_H_1-1

腕から外したときは文字板(ソーラーパネル)を明るい方に向けて置くなどして、充電を心掛けてください。

腕に付けているときはなるべく衣類の袖が文字板(ソーラーパネル)にかからないように使用してください。

フル充電までの目安時間
・ 晴れた日の屋外で約25時間(1日6時間の充電で約4日ほど)
・ 晴れた日の窓際で約91時間(1日6時間の充電で約15日ほど)
通常、晴れた日の屋外に丸1日ほど充電を行っていただきますと、正常に動作するレベルに回復致します。

充電後、「時計の時刻合わせ」をはじめからお試しください。

ページのトップヘ