Module No. 5631

充電する(ソーラー充電)

この時計は、ソーラーパネルで発電した電気をバッテリー(二次電池)に充電しながら動作します。ソーラーパネルは文字板と一体になっており、文字板に光が当たっているときは常に発電し充電しています。

充電する

時計を腕から外しているときは、光が当たる明るい場所に置いて充電してください。

WAT_SOLAR_01

腕につけているときは、文字板(ソーラーパネル)に衣類の袖がかからないように心がけてください。文字板(ソーラーパネル)が一部でも隠れていると発電効率が低下します。

WAT_SOLAR_caps_02

充電量を確認する

時刻モードのとき、モード針が充電量を示します。

5631_07_Intro

良好(充電量 高)

良好(充電量 中)

充電不足

充電不足や充電切れ

針の動きで、充電量が不足しているかどうかがわかります。充電不足になると、使用できる機能が制限されます。

充電不足のとき

秒針が2秒ごとに動きます。

batt_hand_2sec_BK_N03

充電切れのとき

すべての針が停止します。

batt_all_hands_0sec_BK_N03

充電時間の目安

充電時間の目安として、下の表をご活用ください。

1 日、使用するために必要な充電時間

光量(ルクス)

充電時間

50,000

8分

10,000

30分

5,000

48分

500

8時間

充電量の回復に必要な時間

  • 晴れた日の屋外など(50,000ルクス)

充電切れarrowR充電量:中

2時間

充電量:中arrowR充電量:高

20時間

充電量:高arrowR満充電

6時間

  • 晴れた日の窓際など(10,000ルクス)

充電切れarrowR充電量:中

6時間

充電量:中arrowR充電量:高

76時間

充電量:高arrowR満充電

21時間

  • 曇りの日の窓際など(5,000ルクス)

充電切れarrowR充電量:中

10時間

充電量:中arrowR充電量:高

123時間

充電量:高arrowR満充電

33時間

  • 蛍光灯下の室内など(500ルクス)

充電切れarrowR充電量:中

116時間

充電量:中arrowR充電量:高

充電量:高arrowR満充電

節電(パワーセービング機能)

午後10時から午前6時の間に、時計を暗い場所に約1時間置いておくと画面の表示が消えて、レベル1の節電状態になります。この状態が6~7日続くと、レベル2の節電状態になります。

節電レベル1:

秒針のみ12時位置で停止して、画面表示を消して節電します。スマートフォンと接続することはできます。

節電レベル2:

すべての針が停止して、画面表示を消して節電します。すべての機能を使用できません。

節電状態を解除する

以下の方法で、節電状態を解除します。

  • いずれかのボタンを押す
  • 時計を明るい場所に置く
  • 時計を傾けてオートライト機能を動作させる